〜 税理士選びに参考になるサイトまとめ 〜

税理士セレクション大阪版

税理士セレクション大阪版

おすすめのポイント

  • 50人限定で紹介されている
  • インタビュー内容で人柄がわかる
  • 血液型などからも選べる

税理士の選び方

おすすめのポイント

  • 確認すべきポイントがわかる
  • 失敗した事例もあげられている
  • 税理士の方も参考にするような内容

日本税理士会連合会

おすすめのポイント

  • 税理士について詳しく解説
  • 税金に関するお役立ち情報もあり
  • 動画で税理士に関する情報を配信

粉飾決算とは

粉飾決算とは

粉飾決算とは不正に会計を操作することを意味する会計用語です。損害を隠して赤字決済を隠したり、利益を上乗せして赤字を少なく見せたり、在庫や経費を操作することも粉飾決済となり、民事法または刑事法において責任を問われることがあります。 粉飾決算そのものの民事・刑事責任が問われるのはもちろんですが、粉飾決算によっておこなわれた脱税などの不正行為についても、粉飾決算とは別に法律上の責任が問われることになります。刑事罰が与えられるほか、社会的信用が大きく損なわれることも考えられるでしょう。

なぜ粉飾決算がおこなわれるのか

粉粉飾決算がおこなわれる理由については、その企業の状態によってもさまざまですが、一般的には赤字を隠したり減らしたりするためにおこなわれることが多くなっています。 赤字決済になるということは顧客が企業に対して不安を抱くだけでなく、銀行や取引企業からの信用も失ってしまうことが考えられ、新規の借り入れができなくなったり、新しい取引ができなくなったり、これまでと同じような取引ができなくなったりしてしまいます。そこで赤字を隠すためにおこなわれるのが粉飾決算です。 それ以外にも経営者が自らのプライドを守るため、株価や配当を操作するため、官公庁の発注に対する入札資格を保持するためなど、さまざまな理由が考えられますが、どんな理由であっても最終的には経営上「黒字に見せる」ためにおこなわれるのが粉飾決算と言うことになります。 まれに、黒字で儲かっているのに赤字になるよう不正をおこなって、税金の支払いを逃れる粉飾決算がおこなわれることもあります。

粉飾決算をチェックする人・機関は?

粉飾決算の抑止力としては経理財務部門、監査法人など、社外監査役や会計監査人が不正な決済を監視する立場にあります。しかし場合によっては監査人や外部監査機関まで不正に関与している場合もあり、監査人がいるからといって絶対に粉飾決算がおこなわれていないとは言い切れないのが現実です。

新着情報

粉飾決算にかんして

口コミ・評判の高い税理士事務所