粉飾決算をしなくてよい税理士を選ぶ > 粉飾決算にかんして > 相続税対策は一つだけじゃありません

相続税対策は一つだけじゃありません


所有財産の評価額を下げて相続税対策

企業を経営する中では相続税対策も非常に重要な事となります。
土地や建物などは一般的に利用するそれぞれの状況によって財産評価基本通達で評価減があるという事を覚えておきましょう。

更地で土地を持っている!という人なら、その場所に建物を建てれば相続税の評価額をかなり下げる事が可能となるのです。
アパートやマンションを建てて賃貸する事は、一般的にも非常に多い相続税対策の一つと言っても過言ではありません。

これは所得税や固定資産を節税する事にも大きく関わってくるものなので知っておいて損はないです。
さらに小規模な宅地などの場合、50%評価減されてしまうのですがある一定の条件を満たす事が出来たら特定居住用小規模宅地として扱われます。
そうなると50%が80%になるので、かなり減らす事が可能なのです。

こうした条件になるように上手く対策をしていく事によって土地の評価額は減少するので、結果的に相続税を下げる事が出来るので相続税対策の方法として使われているのです。

相続税対策!借金や生前贈与で

借金の残り金額というのは基本的に全額債務控除として扱われますので、結果的に相続税を大きく下げる事が可能になります。
したがって、更地に建物を建てる際、借金を行えば相続税対策の効果も十分に受ける事が出来るでしょう。
しかし、ここでする借金は返済出来る見込みがないものでなければ大変な事になってしまうので注意して下さい。

どれだけ返済出来る範囲で借金を沢山作るかが重要になるか!という事を覚えておいて下さい。

また、他の相続税対策としては財産を自分名義で持ち続ける事が挙げられます。
そうしておく事によって、もしも自分が死んだ時には全て相続税は課税される対象となるのです。
そのため、生きている内に手放せるものは売ってしまうのが賢いです。

相続税対策は自分一人では難しい問題ですので、その道の専門家である税理士にサポートしてもらう事を強くお勧めします。
税理士に依頼する事によって、自分自身は本来の業務にも集中する事が出来るので会社の経営も未来も安心です。

相続税対策に関する他サイトのページはこちら

〜 税理士選びに参考になるサイトまとめ 〜

税理士セレクション大阪版

税理士セレクション大阪版

おすすめのポイント

  • 50人限定で紹介されている
  • インタビュー内容で人柄がわかる
  • 血液型などからも選べる

税理士の選び方

おすすめのポイント

  • 確認すべきポイントがわかる
  • 失敗した事例もあげられている
  • 税理士の方も参考にするような内容

日本税理士会連合会

おすすめのポイント

  • 税理士について詳しく解説
  • 税金に関するお役立ち情報もあり
  • 動画で税理士に関する情報を配信

粉飾決算にかんして

口コミ・評判の高い税理士事務所